紙の展覧会:紙のかたち展 ふわふわ、ごろごろ、じわじわjapanese_paper_structure japanese_paper_structure2 paper_structure_hand paper_structure_exhibitionpaper_structure_productpaper_structure_product_design paper_structure_tablepaper_structure_product2

photo by shuuzou hosoya

3組の建築家による「紙のかたち」をテーマにした作品の展覧会。「ねり紙」という紙を手で”ねる”ことで、形を自由につくることのできる、粘土のような紙の開発をした。細い針金を紙と一緒に漉き込むことで、弱い構造を持った紙をつくる。越前の手漉き和紙の職人に一枚一枚作成してもらっている。動きがそのままかたちを生み出し、記憶する紙である。「つつむ」「ひっぱる」「まるめる」「ふくらます」「にぎる」「ひねる」などねり紙に対する動作によって生まれる形をたくさん並べている。それが、建築の模型にみえるかもしれないし、ランプにみえるかもしれないし、洞窟にみえるかもしれないし、コップにみえるかもしれない。一枚の”ねり紙”からはじまる形の物語の展示である。

related link:

https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20171006.html


The Shape of Paper 2 Fuwafuwa, Gorogoro, Jiwajiwa

Location :TAKEO Mihoncho Honten

Principle use : exhibition

Design :  Motosuke Mandai, Masashi Itaya (Mandai Architects)

Material : japanese paper / wire

Planning and direction : Takashi Nakasaki

Participating creators : Motosuke Mandai, Hideyuki Nakayama & Taichi Sunayama, Jun Inokuma

Graphics / Venue design : Akira Takubo

Organizer : TAKEO Co.,Ltd.

Cooperation : Graphic Creation Co., Ltd., Kiroku Sozai Sogo Kenkyusho Co., Ltd.,

                         Mimaki Engineering Co., Ltd., Shimizu Washi Co., Ltd.