おしか番屋

ban_外観1

ban_外観2

ban_軒下1

ban_雪化粧後ろから

ban_雪化粧前から

ban_雪化粧上から

ban_内観

 

東日本大震災で被災した宮城県牡鹿半島の先端に位置する鮎川浜。漁港に建てる漁師のための番屋である。現地の漁業者や奥さんたちと一緒にプロジェクトを進めている。風景の一部となるような明るく開放的なメッシュ状の屋根をつくることを考えた。家を失った漁師が漁から帰って来て休む場所、捕れた魚を二次加工する場所、早朝漁に出る前に集る場所、朝市をする場所など漁業に関する様々な活動を一枚の屋根の下につなぎとめる。それらの活動が建築と共に町の風景をつくりだし、様々な人がこの町を訪れ、この町の未来をつくることを思い描いている。

 

Oshika fisherman’s house

Location : Miyagi, Japan

Principle use : fisherman’s house

Category : Architecture

Client : Japan Fisheries Cooperative Oshika / Japan Foundation

Support : Japan Foundation / Japan Society

Construction : Atelier UMI

Structure Engineering : Jun Sato

Facility design : EOS plus

Construction area : 520 sq.m

Structure : steel