MINA-TO spiral

 

 

 

 

 

東京の青山にあるスパイラルのエントランスをコミュニケーションスペース「MINA-TO」として改修する計画である。フレキシブルに空間を使えるように、軽やかで自由に形の変化する空間をつくった。2.6mmφの繊細なステンレスメッシュを曲面状に組み合わせ、少し歪んだ立方体をつくると、曲面の構造効果により、十分な強度を持つ立方体に変化する。この軽いキューブは上も下もないので、転がす事で様々な高さになり、さらにそのキューブが集合/離散することで、使い方に合わせて柔らかく空間を変える事が出来る。同時に、この細い部材は光の状態によって、強く存在を主張したり、ある時はほとんど見えなくなったりして、周りの環境に合わせてその存在感が刻々と変化する。風や天気によって見る度に姿を変える雲のような空間。

 

MINA-TO spiral

Location : Tokyo,Japan

Principle use : Gallery / Shop / Information

Client : Wacoal Art Center

Design : Mandai Architects

Graphic design : Saburo Sakata

Construction : Shokado

floor area : 65 sq.m

Material : Stainless mesh / Aluminium panel